ネット上の悲しい誹謗中傷・・・どう防ぎ、解消する?

意味不明な場合は無視

インターネットでブログなどの情報発信をしていると、閲覧者とコメントなどでコミュニケーションできて楽しいものです。しかし、書き込みをする人は匿名性があるので正体はよく分かりません。その部分に目を付けて好き勝手コメントする人がいるのも事実です。例えば、いきなりコメント欄に人を蔑むような言葉を書きこまれることもあります。当然、良い気分にはならずイライラするかもしれませんが、この場合は徹底的に無視をするのが得策です。

自分に非がある場合の対処

インターネット上での発言は、法律に反しない限り何を言っても自由です。なので思ったことを正直に言っても良いのですが、その発言によって誰かを不快にさせてしまった場合は注意が必要です。例えばあるプロ野球選手の打席内容を批判したとしたら、その選手を応援している方々にとっては気持ち良いものではありません。その恨みなどから誹謗中傷に発展することもあるのです。インターネットというのはある意味公共のスペースなので、言葉を選ぶ配慮はしたいです。

しつこい誹謗中傷は報告する

誹謗中傷は、それに至った経緯は何であれ許されることではありません。とても悪質で、時には誹謗中傷されたことにより精神的に病んでしまうこともあります。そうなれば責任重大で、何らかの制裁を受けてもらう必要があります。無視しても耐えられなくなったら、掲示板なりブログなり大元の所へ連絡してアカウントの停止や削除を依頼します。もし生命を脅かすような表現があれば、警察に相談しても問題ありません。悪者に屈する必要はありません。

誹謗中傷対策は、自分自身の身の安全、更には大切な家族を守る為にも全体必要な事です。万が一誹謗中傷の被害を受けた場合は、悩まずに、警察等に速やかに相談をしましょう。