ネットゲームでいじめ?なぜ誹謗中傷が起こりやすいかの概要・考察・まとめ

ネットゲームで誹謗中傷

現在ではオンラインで気軽に対戦や協力プレイができるゲームが増えていますよね。どんなにゲームが苦手な方でも協力したりチャットで会話しながら楽に進めることができる時代です。対戦をして長期的に遊ぶことを推奨し、コンテンツの寿命は延びて企業としてもネット環境は必要になっています。ですが人間関係もネットには存在し、トラブルやいじめのようなことも頻繁に起こっている現状を知っていますか?ネット黎明期からそのようなことはありましたが、今では日常的に誹謗中傷を見ない日はありません。それではなぜネットのトラブルが増えているのでしょうか。

ネットマナーを知らない方でも気軽にできる状況

昔から相手の嫌がる行為を平気でするプレイヤーにはゲーム運営者が厳しい処置をしてきました。たかがネットゲームという方もいますが、ネットマナーは非常に大切で、相手の顔が見えないからこそ円滑にネットゲームを楽しむためには必要なことなんです。しかし気軽にインターネットに接続できる現在では、ネットマナーを知らない方がマナーを学ばないまま入ってしまい、誹謗中傷を受けたり、トラブルの原因を作ってしまうことが多く、またそういったプレイヤーに対してSNSなどで悪口を書く方もいます。対戦ネットゲームでは実力の差から負けたプレイヤーが悔しさのあまり暴言を言ってトラブルを招いてしまう場合も何度も目にしています。ネットマナーを知れば少なくとも落ち着いて行動できるはずなのですが日に日にトラブルは増えていますよ。

現実世界と同じでネットにも社会がある

楽しむためにネットゲームをプレイしているのに、理不尽に誹謗中傷を受けてしまうとやる気も無くなりますし、悲しい気持ちになりますよね。プレイヤー全員がネットマナーを守ることは難しいですが、一人でも多くのプレイヤーが意識して考えれば少しづつ改善していくと思うのです。そのためにはプレイヤーだけではなく、ゲーム会社も一丸となって誹謗中傷がなぜ起こるかを考え、対策を練らなければいけませんよ。そうすればきっと老若男女関係なく楽しめるネットゲームを作っていけるでしょう。

逆SEOとは、特定サイトのページの検索順位を意図的に下げる施策のことです。具体的には低評価なページから該当ページに被リンクを貼るなどの方法があります。