自宅での盗聴被害や盗撮被害を防ぐ為に注意する事

部屋に最初からある物は使わない

賃貸で借りた部屋や借家として借りた部屋で盗聴や盗撮の被害にあうケースは増えていて思わぬ所に盗聴器などが仕込まれている事があります。部屋を借りた時から自分が持ち込んだ訳ではないのに置いてあったテーブルタップなどに盗聴器が入っている事があるので入居した時から何故かあるテーブルタップなどは安易に使用するのは止めた方が良いです。見覚えのない物がある場合は管理会社や大家に報告して回収してもらう方が安全です。

重大な犯罪を防ぐ為に

盗聴や盗撮の被害はそれだけにとどまらず空き巣などに入る為に仕掛けられている場合もある為にその可能性がある場合放置するのは危険です。盗聴器があるとその部屋に人がいるのかどうか把握しやすいのでそれを利用される可能性があります。その部屋に仕掛けられていてもその時点でその部屋に住んでいる人をターゲットにした物とは限りませんが、誰がどんな目的があって仕掛けたかわからないだけにその恐れがある場合は直ちに場所を特定して撤去するべきです。

盗聴器などを特定するには

盗聴器などが自宅にないか確認するのに使う機械は個人で購入する事もできます。もしその恐れがある場合は自分で購入して部屋の中にないか確認する事もできるのです。自分で行う以外にも専門の業者に依頼して確認してもらう事もできます。専門の業者の方が知識もある分確実に部屋の中に盗聴器や盗撮器がないか確認できますし、もしあれば確実に回収できるので入居時に不安があれば依頼して確認してもらうと安心してその部屋を利用する事ができます。

シュレッダーは文具専門店やオフィス用品専門店などで購入することができます。学校用やオフィス用など用途に合った商品を買うことが望ましいです。